=======> https://linktr.ee/MickieYoshino    Spotifyプレイリスト: https://spoti.fi/3v4ghXP

ミッキー吉野ニュー・アルバム『Keep On Kickin' It』2月2日ついにCDリリース!   ==> https://linkco.re/5DPmT8fU
 

JUJU、EXILE SHOKICHI、STUTS、Campanella、MIYAVI、Char、タケカワユキヒデ、Mummy-D、岡村靖幸などの豪華フィーチャリングアーティストに加え、エディ藩、ハマ・オカモト (OKAMOTO’S)、金子ノブアキ、サッシャ、リリー・フランキー (筆名: Elvis Woodstock)をゲストに、そして、亀田誠治をプロデューサーに迎え、素晴らしい面々が、ミッキー吉野の古希を祝福。
「今の思いを、手がけてきた音楽を通してさまざまな世代を超えクリエイトし、届ける」をテーマとし、この1年間をかけて創り上げたプロジェクト「ミッキー吉野"ラッキー70祭"【KoKi】」のアルバム『Keep On Kickin' It』が、12月の配信リリースを経て、ついにCD発売されました。

<MIYAVI コメント>

時代を超えて輝きつづける音楽がある。

僕は世代的にリアルタイムで聞いていたわけではなかったので、はじめてゴダイゴを聞いた時、「この時代に、こんなに良いバンドがいたんだ!」と感じたのを鮮明に覚えています。(偉そうに聞こえたらすみません)
中でもミッキーさんのポップセンスが散りばめられたキーボードワークやアレンジメントからは時代を超えてミュージシャンシップを感じるし、今の時代ソングライティングにおいてもたくさんのヒントをもらうことができます。
今回、亀田さん経由でお誘いいただいて、アレンジ含め自由にやらせていただきました。演奏を通じてゴダイゴの息吹を感じることができて光栄でした。またいつかステージでご一緒できる機会を楽しみにしています。
改めて人生70周年おめでとうございます。
これからも変わらずバキバキ弾き続けてください!!!!

<Char コメント>

1967年、私は12歳。テレビ、ラジオでは一日中グループサウンズの曲が流れていた。その中で「The Golden Cups 」は別格なサウンドを放っていた。半世紀を過ぎた今もその衝撃は耳に、心に残っています。「カップス」に憧れていた私にとって、今回のセッションは夢の様でした。 
トキさん、マモル、ケネス、マーちゃん、そしてエディ、ミッキー、、、有難う!!!

 


■ 華やかな作品群
全10曲となる収録楽曲は、ゴダイゴの代表曲である「銀河鉄道999 feat. MIYAVI」や「The birth of the odyssey ~ Monkey Magic feat. JUJU」、「ガンダーラ feat. タケカワユキヒデ」、ザ・ゴールデン・カップスの代表曲である「銀色のグラス feat. Char」に加え、新曲となる「NEVER GONE feat. 岡村靖幸」やミッキー吉野によるソロ・ピアノ演奏楽曲も収録。先んじて配信リリースされた「DEAD END ~ LOVE FLOWERS PROPHECY feat. STUTS & Campanella」「君は薔薇より美しい feat. EXILE SHOKICHI」「歓びの歌 feat. Mummy-D」の3曲も加わり、ミッキー吉野の誕生日を彩る豪華なアルバムが誕生しました。


 

<収録楽曲>
01.    The birth of the odyssey ~ Monkey Magic feat. JUJU
02.    君は薔薇より美しい feat. EXILE SHOKICHI
03.    DEAD END ~ LOVE FLOWERS PROPHECY feat. STUTS & Campanella
04.    Take a train ride ~ from Swing girls (Piano Piece)
05.    銀河鉄道999 feat. MIYAVI
06.    銀色のグラス feat. Char
07.    ガンダーラ feat. タケカワユキヒデ
08.    歓びの歌 feat. Mummy-D
09.    Beautiful Name (Piano Piece)
10.    NEVER GONE feat. 岡村靖幸

<参加ゲスト>
・エディ藩 (Chorus / 銀色のグラス feat. Char)
・ハマ・オカモト (Bass / 銀色のグラス feat. Char)
・金子ノブアキ (Drums / 銀色のグラス feat. Char)
・サッシャ (Vocal / 歓びの歌 feat. Mummy-D)
・リリー・フランキー (筆名: Elvis Woodstock)
​    (作詞 / NEVER GONE feat. 岡村靖幸)

 

■ 新曲「NEVER GONE feat. 岡村靖幸」
   『Keep On Kickin' It』の収録楽曲の中で、唯一の新曲となる「NEVER GONE feat. 岡村靖幸」。ミッキー吉野が作曲を、

     リリー・フランキーさん (筆名: Elvis Woodstock) が作詞を担い、ゲストアーティストに岡村靖幸さんを迎えた一作。

      昨年5月、ゴダイゴのギタリスト、浅野孝已さんが亡くなった頃にミッキー吉野が書いた一作ですが、”アルバムの

      制作過程で、浅野のみならず、これまで共に音楽を彩ってきた仲間たちへの想いが込められている。”とミッキー吉野

     は語っています。

   「ミッキー吉野"ラッキー70祭"【KoKi】」プロジェクトの象徴とも言える1曲が、アルバムの最終曲を静かに飾っています。




 

 

 

 

 

 

 

   また、この曲は毎週水曜夜11時59分から放送の日本テレビ系バラエティ番組「それって!?実際どうなの課」2月度エンディングテーマに決定。『Keep On Kickin' It』の発売日となる本日2月2日(水)放送回からオンエアーされます。

 

■ アルバム・ジャケットは、妻・吉野祥江が描く「多様性と調和にキス」

 
■ リリース情報
・アルバム名:Keep On Kickin' It
・アーティスト名:ミッキー吉野
・配信開始日:2021年12月22日(水)午前0時〜
 iTunes Storeリンク:https://linkco.re/5DPmT8fU

・CD発売日: 2022年2月2日(水)
 
GODIEGO OFFICIAL WEB SHOP:https://tagcmusic.thebase.in/ 

■ お問い合わせ
ミッキー吉野"ラッキー70祭"【KoKi】 プロモーション窓口
kisshouten@sachie-y.com

 

 

 
<JUJU コメント>
ミッキー吉野さん、古希おめでとうございます。
今回、このアルバムでモンキーマジックを歌わせていただいたの

ですけれども、以前、日比谷音楽祭で、ミッキー吉野さん、

そしてタケカワユキヒデさんとご一緒させていただいた幸せな

時を思い出しながらレコーディングさせていただきました。

またお会いできる日を楽しみにしております。子どもの頃から

大好きなモンキーマジック、みなさんに心から楽しんでいただ

けますように。

<タケカワユキヒデ コメント>
こんなに、何回も歌った曲も珍しいのに、ミッキーと二人だけで演奏するガンダーラがすごく新鮮で、ものすごく気持ちがよかったですね。この気持ちよさをぜひ、みなさんにも味わってもらいたいです。Gandhara フィーチャーリング タケカワユキヒデ ぜひ、聞いてください。

<岡村靖幸 コメント>
日本のロックの礎の一人ミッキーさん。
リリーさんの共演も含めて楽しかったです。

 

■『Keep On Kickin' It』店舗特典

     disk union限定全店購入者特典として貰える「『ミッキー吉野"ラッキー70祭"【KoKi】』アイコン缶バッジ」!

     そして、同社のロック専門店「ディスクユニオン ROCK in TOKYO」(東京都渋谷区)の予約者および購入者限定特典として、

     2022年2月13日(日)19時から同店にて開催される予定の、ミッキー吉野トークイベント参加券も先着で配布されます!!

     参加券は上限に達し次第終了となるのでお早めに!

     disk unionの特典詳細に関してはこちらのページをチェックしてみてください

     https://diskunion.net/jp/ct/news/article/1/102546 

     そのほか、disk unionでは、限定商品として、本作CDにトートバッグが付属されたセット商品も併せて販売となります。

     アルバムタイトル『Keep On Kickin' It』のロゴをあしらったトートバッグは、普段使いにも適したアイテム!

KoKi_photo01.jpg
Liliy.jpg
Kickin_edited_edited.jpg

「ミッキー吉野"ラッキー70祭"【KoKi】」プロジェクトの第三弾楽曲「歓びの歌 feat. Mummy-D」

 ミッキー吉野"ラッキー70祭"【KoKi】」(ミッキーヨシノラッキーセブンティーフェス ”コキ”)プロジェクト。第三弾楽曲として、RHYMESTERおよびマボロシのメンバーであるMummy-Dさんが参加した「歓びの歌 feat. Mummy-D」

プロデュースは亀田誠治さんドイツ語パートはサッシャさんが担当!

昨年ミッキー吉野がベートーベン生誕250周年を記念して制作したベートーベン交響曲第9番「歓喜の歌」のアレンジにMummy-Dさんのスパイスが加わり、クラシックとヒップホップが織りなす、ヒップホップ・オペラとも言うべき新しい音楽が誕生しました!
 

■ ドイツ語詞の歌唱にサッシャさんが参加!
Mummy-Dさんのリリックに登場するドイツ語歌唱は、ラジオDJ、ナレーターで、ドイツ・フランクフルト生まれのサッシャさんによるもの。Mummy-Dとの絶妙な掛け合いも聴きどころです。
「歓喜の歌」の歌詞にはドイツ古典主義の代表者シラーの詩「An die Freude(歓喜に寄す)」が使われていたこともあり、サッシャさんの参加は原曲をリスペクトする上で大事なポイントとなっています。
 
”今の思いを、手がけてきた音楽を通してさまざまな世代を超えクリエイトし、届ける”をテーマとする本プロジェクトですが、約200年の年月を超え、「クラシック」「ヒップホップ」を掛け合わせ、音楽ジャンル、時空をも超えたクリエイトが実現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 妻・吉野祥江が描く「多様性を唄うヤギと、喜びに舞う蝶々」
配信ジャケットには、【KoKi】プロジェクトの象徴ともなっているヤギと、その周りを蝶々が軽やかに舞う様子を表現。鮮やかな背景に佇むヤギは、様々な人や多様性を表し、”どんな環境、どんな人種、どんな境遇にあっても祝福が訪れますように”という願いを込めています。今まさにヤギにとまろうとしている蝶々は、幸運や吉兆、喜びを示唆。ベートーベン交響曲第9番第4楽章「歓喜の歌」の楽曲が持つ多幸感を彷彿とさせ、このプロジェクトに込めた思いを表すジャケットとなりました。




■ 配信リリース情報
・タイトル:歓びの歌
feat. Mummy-D
・アーティスト名:ミッキー吉野
・歓びの歌 feat. Mummy-D配信リンク:https://linkco.re/ugen8tTN

itew842174
itew842174
press to zoom
DdXLftrA.jpeg
君は薔薇より美しい (feat. EXILE SHOKICHI)
君は薔薇より美しい (feat. EXILE SHOKICHI)
press to zoom

「ミッキー吉野"ラッキー70祭"【KoKi】」プロジェクトの第二弾楽曲「君は薔薇より美しい feat. EXILE SHOKICHI」
 
■ 配信ジャケットは「赤い帽子とドライフラワーの薔薇」
配信ジャケットは、楽曲の世界観である、"一度時を共にした二人が再会した一瞬の輝かしさと懐かしさ、切なさ、愛おしさ、後ろ髪惹かれる想い"を、生花ではなくドライフラワーで表現することにより、様々な想いを馳せられるように演出。ミッキー吉野の象徴である帽子は、妻である吉野祥江が描き、ドライフラワーの薔薇は、本楽曲のミュージックビデオを担当したナカノサキさんの撮影によるものです。

■ 配信リリース情報
・タイトル:君は薔薇より美しい feat. EXILE SHOKICHI
・アーティスト名:ミッキー吉野
https://linkco.re/D8HmGsaN

 

 

 


■ レコーディング+オフショットを織り交ぜたMVとドキュメンタリー映像

 YouTubeショートで一部公開されていた「君は薔薇より美しい feat. EXILE SHOKICHI」が、公式YouTubeチャンネルにて全編公開となりました!  https://www.youtube.com/channel/UCDGG7c1nUQDoXDFis3JbiaA


 そして、ドキュメンタリー映像「君は薔薇より美しい feat. EXILE SHOKICHI Lucky Documentary」が、オフィシャルYouTubeチャンネルにて9月15日(水)に公開されることが決定しました。楽曲の制作過程を追った映像で、レコーディング合間のオフショットはもちろん、EXILE SHOKICHIさん、亀田誠治さん、ミッキー吉野のコメントも含まれた見応えのある内容となっています。本日、YouTubeショートにて予告編が公開となったので、この機会にミッキー吉野の公式YouTubeチャンネルにアクセスして、ぜひご視聴ください!

MVphoto
MVphoto
press to zoom

各種配信サイトおよびサブスクリプションサイトのアーティストページもフォローしてください。

・各配信サービス:アーティストページへのリンク: https://linktr.ee/MickieYoshino
・Spotifyプレイリスト: https://spoti.fi/3v4ghXP

■ 関連リンク

・ミッキー吉野"ラッキー70祭"【KoKi】アカウント
    ”ラッキー70祭”[Koki]オフィシャルTwitter

    ”ラッキー70祭”[Koki]オフィシャルTikTok
 

3cK-vzI0-1.jpg

[いよいよKoKiプロジェクト第一弾楽曲配信開始!]
亀田誠治さんプロデュースのもと、ゲストにSTUTSさんとCampanellaさんをお迎えした、KoKiプロジェクトの記念すべき第一弾楽曲「DEAD END ~ LOVE FLOWERS PROPHECY」が、ついに本日より各配信サイトにて配信開始となりました!
そして、ジャケット・イラストは、「DEAD END ~ LOVE FLOWERS PROPHECY」の歌詞の世界観を踏襲しており、”下から伸びる手が、苦しい現実の中にも確かにある光を求め、手を伸ばすことが出来れば誰にでも掴み取ることができる愛や希望”というコンセプトで、妻・芸術家の吉野祥江がデザインしています。ジャケット内に描かれている手は、僕の右手をトリミングしたもので、細部まで拘りの詰まった一作となっています。

■ 配信リリース情報
・タイトル:DEAD END ~ LOVE FLOWERS PROPHECY feat. STUTS, Campanella
・アーティスト名:ミッキー吉野
https://linkco.re/qd5EVNx9

​・YouTubeにてフル尺視聴:https://youtu.be/P72W186pMTc
 

02MY_News02_YouTube.jpg

インタビュアーにライター/編集者の内田正樹氏を迎えたYouTube動画シリーズ

<The key of knowledge , infinity ~70th TALK & Message~>の本編映像も公式YouTubeチャンネル

にアップされています。
全7つのテーマで語られる本シリーズ 第1回目のテーマは、「Roots ミッキー吉野、音楽への目覚めを語る」。
音楽の原体験から始ま
り、音楽人生を振り返る内容となっています。
また、動画内では幼少期や若かりし頃の写真も
見られますので、ぜひ、お楽しみいただけたら嬉しいです。

プレミア公開となる公開当日18時からの約10分間は、ミッキーもコメントチャットで参加する

予定ですので、ぜひ、みなさんと一緒にチャットしながら、動画を楽しめる機会にできたらと

思います。
 

各配信サービスへのリンク
各配信サービスへのリンク
press to zoom

【KoKi】プロジェクトのSNSも始動して、ティザー動画も公開となっていますので、ぜひアカウントをフォロー して、お楽しみください。

https://twitter.com/my70th_Koki

 

 

さらに、各種ダウンロードサービス及びサブスクリプションサービスで、カタログ楽曲が配信開始されました!「君は薔薇より美しい」などを収録した『POP ART MUSIC』、アーティスト生活20周年記念にリリースした『ロングウェイ・フロム・ホーム』、1974年8月に福島県郡山で行われたイベント<ワン・ステップ・フェスティバル>に、ミッキー吉野グループ名義で出演したライブ音源『1974 One Step Festival』なども楽しめます。 Spotifyプレイリストも公開されておりますので、ぜひ合わせてお楽しみください!



各配信サービスへのリンク: 
https://linktr.ee/MickieYoshino

Spotify: https://spoti.fi/3uPDxbQ

Apple Music: https://apple.co/3uXBaUh

Amazon Music: https://amzn.to/2OWyBCy

YouTube Music: https://bit.ly/32l1rzN

Spotifyプレイリスト: https://spoti.fi/3v4ghXP

■ カタログ解禁タイトル一覧

・ミッキー吉野グループ(ゴダイゴ) 『男たちの旅路』

・ミッキー吉野『小さなスーパーマン ガンバロン』

・ミッキー吉野『アメリカン・ロード』

・P.S.M. All Stars『P.S.M. All Stars Vol.1 』

・ミッキー吉野『ロングウェイ・フロム・ホーム』

・ミッキー吉野+PAUL JACKSON『JAZZ FOR KIDS』

・VALCO『COME BACK MY BAY BLUES』

・ミッキー吉野『GODiEGO/THE Earthmatics <1>』

・ミッキー吉野『POP ART MUSIC』

・ミッキー吉野『Art, Art, Art for the Earth, from my Heart (Original Tracks "R")』

・ミッキー吉野『Art, Art, Art for the Earth, from my Heart (Original Tracks "B")』

・ミッキー吉野『Art, Art, Art for the Earth, from my Heart (Original Tracks "G")』

・ミッキー吉野『映画「ロボジー」オリジナルサウンドトラック』

・ミッキー吉野グループ『1974 One Step Festival』

 

<以下2タイトルも近日解禁>

・ミッキー吉野『Boué』

・ミッキー吉野・ウィズ・ザ・スピリット・オブ・ゴダイゴ『イン・ザ・ブック・オブ・ヘヴン』